進め方 第五章【ステイタス振り】| 初心者

第五章 ステイタス振り

レベルの上げ方は後程・・・。
レベルが上がった際のステイタス振りについて解説していきます。

画像のほうでほぼ説明している感じなのですが・・・。
ステイタス振りは 「インベントリ【Iボタン】を開いて」「スキル(ATTRIBUTES)」をクリックすると上記画像のような画面になります。

ステイタスはレベルアップすると 「未使用ポイント(UNSPENT POINTS)」の横にある数字が増えていきます。
こちらのポイントを使ってスタイタスを振り、キャラの強化をすることができます。

各種ステイタス横にある 「コスト(Cost):1」というボタンをクリックするとそのステイタスにポイントを消費して強化することができます。
このCost はスタイタスに振った数によって変化します。

ステイタスを 「5強化する」と 次は「Cost:2」 となります。
このように ステイタス 5 あたり Costが 1 増えていきます。

現在ステイタス値 1ステごとのコスト
1~5 1
6~10 2
11~15 3
16~20 4
21~25 5
26~30 6
31~35 7
36~40 8
41~45 9
46~50 10

 

■ 各種ステイタスについて

腕力(STRENGTH

総近接ダメージが 1ステイタスにつき、2%アップする
上昇値は武器の近接ダメージを基本値として計算(最大100%増加)

【例】
武器の近接ダメージ:50 = 腕力ステ:50 = 腕力のボーナス:50
総近接ダメージ = 100

◆特殊効果

ステイタス 10刻み で特殊な能力を獲得することができる。

STAGE1 腕力10 剛腕
鈍器が与える打撃ダメージが100%増加する
(棍棒のこと。奴隷に与える気絶までのダメージを100%増加させる)
STAGE2 腕力20 傷口に塩
悪い状態効果(不調や出血など)の影響下にある敵に与えるダメージが25%増加する
STAGE3 腕力30 みじん切り
弱攻撃で与えるダメージが10%増加する
STAGE4 腕力40 重撃
強攻撃で与えるダメージが25%増加する
STAGE5 腕力50 血まみれ狂戦士
体力が25%未満になると、近接攻撃のダメージが50%増加する

身のこなし(AGILITY)

ステイタス上の防具が 1ステイタスにつき 2アップする
敏捷性という名前だが、防御力がアップする。スピードはアップしない。

【例】
防具:0(裸) = 身のこなしステ:50 = 防御:100
単純に増えた分を加算する計算

◆特殊効果

ステイタス 10刻み で特殊な能力を獲得することができる。

STAGE1
身のこなし10
鉄人
走ったとき(スプリント)の体力消費が減少する
STAGE2
身のこなし20
猫着地
落下時のダメージが半分になる
STAGE3
身のこなし30
楽々ジャンプ
ジャンプしてもスタミナを消費しない
STAGE4
身のこなし40
体術
攻撃をかわすとき、防具の重量クラスが通常よりも1下がる
防御力の高い[重量]装備でも 回転しての回避ができるようになる
STAGE5
身のこなし50
二段ジャンプ
ジャンプ中にもう一度ジャンプできるようになる

 

生命力(VITALITY)

生命力(HP)が 1ステイタスにつき 8アップする
最大 600  デフォルト:200 + 生命力分:400

◆特殊効果

ステイタス 10刻み で特殊な能力を獲得することができる。

STAGE1
生命力10
深呼吸
呼吸タイマーが2倍になる
(意味不明です)
STAGE2
生命力20
鈍感
温度の影響がすべて減少する
1段階デバフの影響を受けなくなる。
STAGE3
生命力30
回復活性化
体力が常に自動回復する。(自然回復) 1/s
STAGE4
生命力40
高感受精
消費物や踊り手による回復効果が100%増加する
あぶり肉:4/s → 5/s アンプロシア 3/s →10/s
ゲーム内表記が怪しいのが、効果は上がっている。
STAGE5
生命力50
大食漢
何かを食べる事が回復薬として扱われ、回復効果の終了時に爆発的回復も起きる
効果あまり感じない。回復する頻度が増えるような感じを受ける

 

精密射撃(ACCURACY)

遠隔攻撃力(弓矢・投擲武器)が 1ステイタスにつき 2%アップする

【例】
弓:18 + 矢:18 + (精密射撃:50 = 40)
+ STAGE3 = 総遠距離ダメージ:76

◆特殊効果

ステイタス 10刻み で特殊な能力を獲得することができる。

STAGE1
精密射撃10
急所直撃
弓で命中すると不調がひどくなる。
STAGE2
精密射撃20
トリックショット
狙いを外した場合、撃った矢が跳弾する
STAGE3
精密射撃30
不動の構え
遠距離武器と投げ武器が与えるダメージが10%増加する
STAGE4
精密射撃40
貫通射撃
使う武器の防具貫通が50%増加する
STAGE5
精密射撃50
強化ヘッドショット
ヘッドショットのダメージが50%増加する

 

闘志(GRIT)

スタミナ(走る、攻撃、回避、ジャンプ等で消費)が
1ステイタスにつき 3アップする

最大 250  デフォルト:100 + 闘志分:150

◆特殊効果

ステイタス 10刻み で特殊な能力を獲得することができる。

STAGE1
闘志10
握力勝負
よじ登りで消費するスタミナが10%減少する
STAGE2
闘志20
タフガイ
時間当たり体力回復量が10%増加する
STAGE3
闘志30
鋼鉄の肉体
ダメージに対する体制が上がる
STAGE4
闘志40
流れる太刀筋
基本攻撃の体力消費が減少する
STAGE5
闘志50
芸術的かわし技
攻撃をかわす体力消費が減少する。

 

足腰(ENCUMBRANCE)

所持できる重量上限が 1ステイタスにつき 7アップする

最大 462  デフォルト:70 + 足腰分:350 + STAGE3(10%UP)

◆特殊効果

ステイタス 10刻み で特殊な能力を獲得することができる。

STAGE1
足腰10
バランス感覚
荷物が重すぎる時は近接攻撃で与えるためージが10%増加する。
荷物が少ない時は武器の振りで消費するスタミナが10%減少する。
ステータス表示に加算されないため効果は不明。
荷物の部分は 積荷量の超過かそうではないかで判断と推測
STAGE2
足腰20
強い足腰
不調の効果が軽減する
STAGE3
足腰30
巨大バッグ
持ち運べる最大重量が10%増加する
STAGE4
足腰40
受身
攻撃されたときに鎧や盾の耐久低下を無視できることがある。
STAGE5
足腰50
ド根性
荷物が重すぎるときでも、通常通りの速度で移動できる。

 

サバイバル(SURVIVAL)

喉の渇き、空腹になりにくいようになる。
ステイタスの影響よりも10ステごとの特殊効果での恩恵目当て

◆特殊効果

ステイタス 10刻み で特殊な能力を獲得することができる。

STAGE1
サバイバル10
生が最高
食中毒を割けるために生肉を調理する必要がなくなる。
生肉でも食中毒にならない
STAGE2
サバイバル20
働き者
資源ノードから収穫する速度が2倍になる。
(量が増えるのではなく早くなる。量が倍でも回数が半分になる=効率化)
1回20個x5回 → 1回40個x2回+20個x1回になる
STAGE3
サバイバル30
肉さばき達人
動物から収穫する際に追加の資源が得られる。
STAGE4
サバイバル40
究極の免疫
毒や病気の影響を受けない。悪い状態の威力が20%減少する。
STAGE5
サバイバル50
肉体美
戦闘で受ける直接ダメージが10%減少する

■ 序盤(低レベル)の振り方

序盤は 【生命力】【足腰】 もしくは 【足腰】【サバイバル】 がおススメです。
戦闘に自信がない方は 【生命力】 、 戦闘に慣れている方は 【サバイバル】
【生命力】:生き残るため
【足腰】 :持てる重量を増やす
【サバイバル】:生肉食べれる、採集量が増える

サバイバルは 20振らないと意味がないため、30レベルくらいで振りなおす等でも
よいかとおもいます。
初心者の方は 生命力、足腰を中心に上げてみましょう。

【ステイタスは 黄ハスの薬 で振りなおすことができます。スキルも】

 

■ ステイタス振り方の一例紹介動画(管理人主観)

■ 管理人の振り方例 (レベル60のポイント)

1:序盤資源集め型(ゲーム序盤、上級者推奨)

VIT:30 、 GRIT:30 、 ENC:33 、 SUR:20 他自由

HP:434 、スタミナ:187 重量:331
NPC相手なら立ち回れるのと、それなりに逃げることもできます。
また、生命力30振ることにより自然回復の効果を受けられます。
サバイバル20で 資源採集の速さが早くなります。量が倍になるわけではありませんが、時間を短縮できるため同じ時間でも2倍の量を獲得できます。
資源が大量に欲しいときは使える効果ですので積極的に使っていきたいです。

2:攻撃特化対人型(ソロでもなんでも)

STR:50 、 VIT:27 、 GRIT:20 、 ENC:20

生命力:410、スタミナ:158

攻撃力特化にするのは現在の仕様では 極振りですとかなりの効果があり、
かなり強いです。
単純に武器の攻撃力の倍になった攻撃力の中で、特殊効果による上乗せ攻撃力が
かなりのダメージになり、血まみれの狂戦士に至っては、3撃でプレイヤーを倒すことができるなどバランス崩壊状態です。
※修正されるかもしれません。

3:遠隔攻撃型(複数人の組織用)

ACC:50 、 VIT:20 、 ENC:20 他自由

近接攻撃型に比べ、攻撃を受けることが少ない遠隔攻撃型は【ACC】にできるだけ振ることができます。

5:小荷駄型(複数人の組織用)

ENC:50 他自由

RAID用に必須と言えます。ENCのみに振るのではなく、バランスよくGRITにも振る必要があります。
RAIDアイテムを大量に持つ必要があるため重量制限を上げる必要があります。

6:追撃・回避攻撃型(複数人の組織用)

VIT:30 、 GRIT:30以上 、 ENC:20 他自由

GRITを振ることにより追撃能力を上げ、敵を逃がしません。
また、ソロの時でも回避に使用するスタミナを確保しているため、回避攻撃を継続的に行えます。

 

ステイタス振りは 20くらいまでの振りはお得と言えます。
消費ポイントが少ないにも関わらずある程度の効果を与えます。
いろいろ考えてステイタス振りを考えてみてください。

■ 5レベルごとのステイタス加算ポイント

レベル 未使用ポイント
5 5
10 15
15 30
20 50
25 75
30 105
35 140
40 180
45 225
50 275
55 330
60 390

レベル6~:+2、レベル11~:+3、レベル16~:+4
レベル21~:+5、レベル26~:+6、レベル31~:+7、レベル36~:+8、レベル41~:+9、レベル46~:+10、レベル51~:+11、レベル56~:+12

■ 装備・薬によるステイタス補正

装備アイテムを選択すると、画面左下(アイテムインベントリ下)にそのアイテムの性能が表示されます。
現在の【防具】にはそれぞれ特殊な効果があるものがあります。
性能・重量・種別 というような装備ステイタス以外に 【 筋力ボーナス 】 というものが
表示されているのが分かると思います。

こちらが 【 ステイタスボーナス 】のある装備となります。
通常の装備で +1 、完璧な性能になると +3 となります。
伝説級の装備は基本的に+3です。

装備をすることで 該当するステイタスがアップすることになります。
このページ一番上の画像も 筋力に 【 (+9) 】という表記があると思います。
あちらは装備による ステイタスアップ です。

装備以外に

【エリクサー】という薬があります。
ステイタスをアップする薬です。エリクサーは該当ステイタスを +3 一定時間アップします。

その他にも装備でステイタスをアップするものもあります。
まだまだ未知なものがありますので、最終的には装備データベースとして別ページにて作っていきます。